2012-03-15

【YOGA】クリヤヨガ・第一イニシエーション

久しぶりのブログ投稿です。
3月頭に京都で開催された、ババジのクリヤヨガ・第一イニシエーションを受講してきました。
年明けから「クンダリニー」というメッセージを受け、霊的成長のためにここへのアプローチを踏まなければ先へは進めないという感覚から、ネットでクンダリニーを検索し、ある方のブログからババジのクリヤヨガの存在を知りました。
約一ヵ月間、瞑想、ヨガ、ヨガに関する書籍を読んで準備をしました。その過程で、菜食に切り替え、断食も3度ほど実行。直前でノロにかかって、発熱嘔吐。さらに解毒されたような感じがしました。無事に京都に出発できました。

受講の内容は人に伝えてはならないという誓約交わしたため、お伝えできないのですが、ババジのクリヤヨガのホームページで載っている受講概要と差し障りのない形で体験を書かせて頂きます。 
第1段階目のセミナーでは次のことを学びます。
1.くつろぎ、エネルギー、若返りをもたす18種類のポーズ
2.クリヤー・クンダリニー・プラーナヤーマとして知られ、
精妙なエネルギーを目覚めさせ循環させる6種類の呼吸法
3.無意識の浄化、マインドの統御、真我と実在の認識をもたらす7種類の瞑想法
まず、誓約書兼申込書を提出していただきますので、
参加ご希望の方はメールで問い合わせ下さい。

受講は2日間、9時から5時くらいまで、途中お昼をはさんでの講義を含めた内容でした。
上の3つの項目を教わる上で、ヨーガに関する基本的な名称を知らないと内容の理解が難しいため、最初に講義があります。すでに準備段階でババジのクリヤヨガのホームページで紹介しているマーシャル・ゴーヴィンダン師の電子書籍を読んでいたため、内容がスムーズに入ってきたように思います。事前にヨーガスートラ、バガヴァットギーターを読んでおけばよかったとも思いました。

1.18種のポーズ(クリヤ・ハタ・ヨーガ)に関して
1ヶ月かけてこのアーサナの練習をしてきましたが(書籍にて)、魚のポーズとヨーガ象徴のポーズは足が組めず満足にできた試しがありませんでした。しかし、当日はじめてできてしまった。さすがにヨーガ象徴のポーズの後ろで手をクロスさせて足の親指をつかむことはできませんでしたが、足を組めたままそのポーズ全体を通すことができたのは感動でした。心の中で「できた~!」と叫んでました。これぞ、イニシエーションとグループワークの力でしょうか。
この18種のポーズ中、そのポーズを保ち呼吸をすることが何度もありますが、90秒は静止できた方がいいとのことでした。結構長い。しかし、アーサナを終えた後は本当にマインドがすっきりします。私は奈良での宿泊で2日間とも早朝ヨガをしました。2日目は前日に習った呼吸法も。一日でも逃がしたくないという想いがその日から続いています。

2.クリヤークンダリニープラーナヤーマに関して
6種の呼吸法を習いました。いずれもクンダリニーを活性化させるための重要な呼吸法だと言われています。この呼吸法は正しい方法を用いないととても危険だと言われています。私が受講を決めたのもの、今までの霊的覚醒が独学だったためにいろんな負の影響を受けてしまったこともあったという理由からでした。クンダリニの覚醒は徐々に段階を踏んで正しい方法で覚醒させる必要があります。さらにやみくもに覚醒させようとしても、とんでもなく難しいということが、今回教わった呼吸法を知って感じられました。
3月頭に伝授されて約2週間経ちますが、1日2回の決められた呼吸法を実践し始めて、背骨と内臓に今までにない感覚を感じるようになりました。内臓に感じる感覚は最初はクンダリニーのあたりに、徐々に上がってきて今は喉の辺りまで登ってきています。それとは別で背骨にもピリピリといった痺れの様なものを感じています。これもまた内臓に感じる温かさと同じで尾てい骨から始まり、徐々に上がってきて、今は頸椎のあたりです。本当に一日一日ゆっくりと上がってきています。これらの感覚を感じるのはいずれも呼吸法の後5分後辺りからです。丁度瞑想をしている時。

3.7種の瞑想法に関して
瞑想はいくらかスムーズにできたと感じました。7種の瞑想法を教わりましたが、その中でいくつかの瞑想法を実践している最中に神秘的な体験をしました。
ここで教わる瞑想法は潜在意識の浄化を重要としていますが、ただやみくもに「意識を真っ白」するものとは違うのだということを感じました。私たちが現実だと考えている世界を生きやすくするために、また違った言い方では、全ての物事に対してそこへ入りこまずに、常に観察者であるためのトレーングを瞑想を通して実践していくということを伝えていました。そのために方向性を持った瞑想法であると感じます。「光を感じて・・・」とか、「感じるままに・・・」とか抽象的ではありません。とても具体的に方向性が定められています。それ故、いかに集中できるか、心を鎮めることができるかが各瞑想のカギになって来るように思います。
はて、この瞑想法も初めて2週間経とうとしていますが、本当に生活の様々なことに瞑想を活用させてもらってます。分からないことがあったら、時間を見つけて瞑想。高次の存在に答えを求めています。京都から帰ってきてすぐ、仕事について考えなければならない状況になり、瞑想を通して聞いてみました。そして、4月からクリスタルのネットショップを立ち上げることになりました。
急な展開で大急ぎで準備していますが、この仕事をする上で、自分が何を学ぶべきなのかも整理されてきています。出産前までやっていた仕事でもあるのですが、個人経営は初めてのことです。
この導きがどのように発展していくのか楽しみでもあります。


というわけで、このような報告になるのですが、ヨーガに関することは徐々に載せていこうと思います。