2012-04-28

【YOGA】ラージャヨガにおけるの霊的段階

前回から随分と間が空いてしまったのですが、霊的段階について調べています。
前回紹介さて頂いたサイトをよくよく読んでいくと、そこに書かれている霊的段階の項目がヨーガスートラにも同じ内容を見ることができることを発見しました。
独学でスピリチュアルな世界を探求されている方によく見かけるのが、気やオーラの霊視、視えない存在の霊視や高次の存在との会話、またまれに幽体離脱を経験されている方のサイトを目にします。各霊界については幽体離脱によって学ばれる方が多いようなのですが、ヨーガではこのようなことができるようになるとは書かれていないだろうと勝手に思い込んでいました。特に幽体離脱については。けれど、ヨーガスートラの第3章、ラージャヨーガでは「魂の科学」の歓喜鞘の項目で載っているのを発見しました。(え~、のってる、と内心びっくり。)
*ヨーガスートラではこれらのサイキック能力に溺れないことが解脱の道だと説いています。

独学で霊的世界を知覚された方の歩みを読んでいると、共通の段階があるのではないかなと思えてきました。その段階をラージャヨーガの修行段階に当てはめてみると、ぴったりとはまってしまうので、面白いな~と思います。
独学で霊的世界を探求されている方で、自分が成長段階のどのポイントにいるかということに疑問を持たれている方は多いのではないかと思います。

今回はラージャヨーガ「魂の科学」に書かれている霊的段階を大まかにまとめてみようと思います。
*現在私は食物鞘を学んでいる段階なので、生気鞘からはかなり大雑把(^^;)に書かせて頂きます。詳しく知りたい方は書籍をどうぞ。

ラージャヨガの霊的段階

1.食物鞘
■肉体についての理解。
解剖学的な身体の機能、内部構造を理解していく。
(解剖学の知識として「ネッター 解剖学アトラス」という書籍がおすすめ。)
■肉体内部の霊視。
肉体の内部をスキャンのようにして見ていきます。
この霊視を使って身体の悪いところを見つけ出し、ヒーリングをされている方もいるようです。
■チャクラの理解と活性化。
シュスムナー管の理解とその中の各チャクラの理解を得ます。
チャクラの活性化に対しては、正しい呼吸法と瞑想法を伝授されて、実践されていなければなりません。間違った技法を使うと正常にチャクラは活性化されません。偏りが出て、精神不安定、鬱などに発展してしまう可能性があります。
■チャクラの霊視。
瞑想にて各チャクラを霊視していきます。
チャクラの霊視にはクンダリニーの覚醒が伴っていなければなりません。
霊視で見えるチャクラの姿の例はこちらにまとめました。
チャクラ 人間の持つ7つの花 http://enmado.blogspot.jp/2012/03/7.html
■アパーナ気の霊視。
気の霊視は2段階で学ぶことですが、チャクラが活性化し瞑想で光が見えてきた段階でアパーナ気(下に下げる気の流れ、排出、毒素の発散)の動きを見ることができるようになります。
■第6、第1チャクラの光の霊視。
ムーラダーラ、アージュナ―からの光を霊視できるまでは根気強く瞑想と呼吸法を続けること。
光がないと精妙な物事は見ることはできない。根気強く修練することによって最後には各チャクラの姿を霊視できるようになる。
■クンダリニーの覚醒
上記の内容が達成された時点で、クンダリニーが覚醒した段階と言える。


2.生気鞘
■5つの粗雑元素についての理解。(地・風・水・火・空)
■生気についての一般的説明
(気やオーラというものはヨーガでいう生気のことを指すのではないかと現段階では考えています。)
■5種類の生気の機能の理解。
(1)アパーナ気
(2)サマーナ気
(3)プラーナ気
(4)ウダーナ気
(5)ヴィヤーナ気
■5種類の補助生気の理解。
(1)デヴァダッタ
(2)クリカル
(3)クールマ
(4)ナーガ
(5)ダナンジャヤ
■生気の働きの霊視。
*補足 本書の序文に書かれている以下の2つの項目を理解していることが前提。

①真我とそれを被う5つの肉体についての理解。
②原因体、微細体、肉体の関係性についての理解。
この2つの項目はこちらにまとめました。
ラージャヨーガ 3種の身体と5つの鞘 http://enmado.blogspot.jp/2012/01/535.html


3.意思鞘
■4組の内的心理器官
以下の4組の内的心理器官をそれぞれ理解していきます。
意思:考えたり空想したりする心理的能力
理智:意思を統率し判断決定をする能力
我執:自我意識
心素:記憶、感情を生じさせる心理作用の源
*補足 本書の序文に書かれている以下の項目を理解していることが前提。
3種の徳性(善性、動性、暗性)
■内的心理器官の機能と性質の理解
■心素についての詳しい理解
真我との関係性、心素から発生する2つの生命力の流れ、など。
■各心理作用と心理器官との関係
夢、睡眠状態についての理解
記憶についての理解
■理智のもつ心理作用
正知、誤謬、想像の心理作用の理解
■後頭部のブラフマランドラの理解と霊視
■内的器官の1つである意思の働きを霊視する
■身体内の各運動器官の働きを霊視する。
(1)排泄器官
(2)生殖器官
(3)移動器官(足の働き)
(4)授受器官(手の働き)
(5)発声器官
■身体内の各知覚器官の働きを霊視する。
(1)嗅覚器官
(2)味覚器官
(3)視覚器官
(4)触覚器官
(5)聴覚器官
*補足 本書の序文に書かれている以下の項目を理解していることが前提。
三昧に関する知識

4.理智鞘
■意思と理智がどのように働きあうかを霊視する。
■粗雑元素の理解
■微細元素の理解
■微細体に関する知識の獲得
後頭部のブラフマランドラにある微細体とその機能の理解。
これらの機能の制御について。
制御の結果どういったことが生じるかについて。
■粗雑次元の世界の霊視
■微細次元の世界の霊視

5.歓喜鞘
■心臓内部へ入る
■原因体の霊視
■原因体を創りあげている6種の構成要素とそれらの相互関係の理解
(1)微細生気
(2)我執
(3)心素
(4)真我
(5)根本自性
(6)ブラフマン の6種。
■無想三昧に入る
■完全なる離欲の境地に入る
■ブラフマンに合一し、自己本来の性質に安住する

すみません、本当に大雑把です。理智鞘、歓喜鞘の内容、現段階の私の理解では、項目をまとめることすら困難でした。正直、さっぱり分かりません(汗)意思鞘でもいっぱいいっぱいでした。
今後、食物鞘から順に詳しい内容を載せていこうと思います。



石屋の方もよろしくお願致します♪
http://lightnesstree.shop-pro.jp/


LIGHTNESSSTREEメールマガジン Vol.49

メールマガジン・バックナンバー 5月22日配信の内容です! LIGHTNESSSTREEメールマガジン Vol.49 こんにちは、LIGHTNESSTREEの田坂です。 いつもご利用頂きありがとうございます。   つい先日読んだ脚本の中...