2012-12-13

東京ミネラルショー2012 in池袋


先日東京池袋にて即売会があり、私も仕入れのため参加してきました。
東京育ちで熊野に来る前は銀座、池袋、表参道で宝飾の仕事をしていたりと、見知った場所だったはずなのに、熊野に来て1年半、ちょと都会の流れに圧倒されてしまいました。

12月6日に行われる業者オンリーの即売会、前日に東京入りして今回のショーの会場となるサンシャインシティのホテルに泊まり、バタバタと落ち着かないまま当日の朝をむかえました。

当日の朝の夢はとっても印象的で、「ニマス神社」というところに参拝する夢でした。
と言っても行ったことない神社で大きな白い壁の前に白い鳥居が立っていて、そこにやってくると年配の女性が「ここはニマス神社です」と私に話しかけるんです。
白い靄の様な模様が入っている岩壁がご神体でした。ニマスって「坐す」ということだと思うのですが、熊野本宮大社はその名前がつく前は「熊野坐神社」くまのにますじんじゃという名前で呼ばれていたそうです。そう考えると何かが坐す神社ということなのでしょうが、何がいる神社だったのかわからない。それがこのあとの即売会で出会った石に関係していたのかな~と今は思っています。
夢はアストラル界でのことだと思うので、実際にはある場所ではないと思うのですが、何とも不思議でした。

今回大変素敵な石をご紹介いただいたアースラブワークスさん。そこで出会った石でチタニウムinクォーツという石があります。そのチタニウムの靄の様な模様、帰宅して改めてこの石を見た時、夢のことを思い出しました。「まさか、この石?」と思いました。



この石は「ガイアクォーツ」とも呼ばれているそうで、解説よ読ませて頂いて改めて特殊な石だなと思います。いずれこの石をお店にアップする時に詳しく紹介させて頂きますが、今回の仕入れで特におすすめな石となります。

今回、アースラブワークスの塩原さんには大変貴重なお話を聞かせて頂きました。塩原さんはアジア人で初めてメロディクリスタルワークのティーチャー資格を取得された方で、ボジストーン(ボジャイストーン)を日本に広めた方です。石に関してはもちろん、鉱山でのお話し、石にを持ち歩くときに最適な布はどれなのかなど、もうお話聞いていて大興奮でした。スタッフの方もとても素敵で、丁寧にご説明頂いたり、アドバイスなどたくさん頂き、感謝でいっぱいです。素敵な石をたくさん入荷しましたので、これからどんどん載せていこうと思います。

もうひとつ印象的な出会いは、ロシアンレムリアン、オーラライト23などを世に送り出したデビッドガイガーさんとお会いできたことでした。実はホテルのロビーで朝お見かけしました。まさか来日されているとは思わなくて、ブースを発見した時に「わ!」と声をあげてしまいました。
今回仕入れたオーラライト23、デビット氏のパートナーのパトリシアさんに直々に選んで頂きました。いい形状のものがどんななのかも教えてもらい、さらにデイビット氏には今後のお店の活躍を祝福してくれるようなお言葉を頂きました。


素敵な出会いがたくさんあって、本当に充実した数日間でした。
少しずつですが、お店に石をアップしていこうと思います。

今後とも、LightnessTreeをよろしくお願致します♪

LIGHTNESS TREE