2013-12-10

【日記】2013年 旅のふりかえり in 玉置神社・天河神社



11月最後の週末にまた急遽思い立って玉置神社と天河神社に行ってきました。
玉置神社は2012年の夏以来でした。熊野一帯の台風被害があってからなかなか行く機会がなく、この週を逃したらまた当分行けそうにないということで、1泊2日で玉置山、抜けて天河まで行こうということになりました。



夏に来た時は霧がかかっていて、数メートル先は見えないほどで、「すごいところに来た」という印象でした。実際神隠し的なことも起こるらしく、気をつけた方がいいと旦那が知人から聞いたそうです。淡路島で出会った方も玉置神社には男女のペアで行った方がいいのだと聞きました。我らはそういうことをまったく知らずに行ったのですが、御神木に圧倒され、石に圧倒され、霧に何んらかの気配を感じ、熊野ってすごいな~と心底感動しました。
今回は2度目ということもあって、幾分かリラックスしていたように思います。また秋の紅葉が綺麗で、前回は霧で見えなかった景色が今回は良く見えました。






前回来た時は娘は2歳になったばかりで、抱っこもおんぶも楽だったのに、今回はしんどかったと旦那。(玉置神社は参道がわりと山道です。)ここに来るとなんだか家族への気持ちが引きしまるような気がします。
今回不思議だったのが、玉石社を参拝して、去ろうとした時、わっと込み上げる感情がありました。もう一度ふりかえって玉石社の石を見たのですが、その時「次ここに来るのは当分先になるかもしれない」という予感が頭の中を過りました。それを示されたのか、それとも私の中で予感として形に表れたのか、どちらなのかは判断できないのですが、感謝の気持ちをこめてもう一度お礼を言って玉石社を後にしました。いったいこの先どこへ向かっているのだろうと思いながら。


玉置神社に来たら、鳥居前の小さなお土産屋さんのおでんを食べることをお勧めします。
ものすごくうまし!
このあと山を越えて奈良県吉野の天河へ向かいます。
一泊して翌朝から天河弁財天を参拝しました。

天河弁財天、存在を知ったのは熊野に移ってからになります。石屋をはじめてお客様からも天河弁財天のお話しを伺ったり、また随分昔に天河産の良質な天然石が産出され、それを卸屋さんで拝見したりもしていました。(大変高額です)
弁財天は日本では天部の位置にあるのですが、もともとはインドの神様だと言われています。
SARASVATI(サラスバティ)という神様で、河の女神だということです。大昔にサラスバティ川という大きな川がインドに流れていたそうです。(確かリグ・ヴェーダに少し書かれていたと思います)
サラスバティは日本の弁財天と同様、技芸のサポートをする存在で知られています。いろいろ探っていくと、どうやら私も旦那もサラスバティにご縁があるようで、天河弁財天の存在を知ってからはずっと訪れてみたいと思っていました。

天河弁財天社 HP:http://www.tenkawa-jinja.or.jp/







ヨーガを実践している我ら夫婦は、今年の夏にマントラを伝授してもらいました。この内容については個人ブログに詳しく載せています。暗唱による浄化技法と考えて頂ければいいと思います。ここ天河弁財天で、マントラの暗唱をしました。娘がいるので子守を交代して。私がもらったマントラはサラスバティではないのですが、ご縁があって真言を知っていました。マントラと真言、同じ意味なのですが、ヨーガで伝授されたヒンドゥーのマントラと日本の真言(マントラ)は大分発音も内容も違います。ヨーガで暗唱されているサラスバティのマントラは知らないのですが、でもサラスバティを前にして別の神様のマントラを唱えるのもなんだかなと思って、知っていた真言を唱えました。やはり、唱えてみるとしっくりと納まりがよいように感じました。旦那もマントラを唱え終わった後は少年のような顔をしていました。

天河弁財天の隣には稲荷神社があり、大きな銀杏の木がありました。大きな銀杏の木は秋田、熊野でも見る機会がありましたが、こういう大木をみると大木同士交信しあっているんじゃないかという考えがいつも起こります。私の育った東京町田市の家の近くの神社(確かそこも稲荷でした)にも大きな銀杏の木があって、樹齢200年だったと記憶しています。あの銀杏も元気かなと想いを巡らせました。



旅につきものなのは石。ランチで寄った天河神社前のカフェ「おおとり」で石を発見。
ピピッときたものを数点仕入れました。
前に天河に住んでいたバイヤーさんが委託販売されているそうで、今は山梨の方に移られたとか。
現地に行かれて仕入れていたというお話しで、良質なものばかりでした。



「おおとり」のシェフ、もと京都の料理職人をされていて、ディジュリドゥ奏者。
オーストラリアで日本食のお店で料理人をされていたこともあるそうです。
カフェにはアボリジニが作ったであろうディジュがありました。
またヘンプ食品も置いていたり。ライブも行っているそうです。
天河の食材を使った限定ランチ、美味しく頂きました。


3本のディジュとその奥、石を物色中。
仕入れた石は追ってアップします♪
天河エネルギーも注がれているでしょうか。

LIGHTNESSTREE
http://lightnesstree.shop-pro.jp/