2015-02-05

【アトピー自然療法】ステロイド使用期 2014年のアトピー症状 その1

【アトピー自然療法】のカテゴリーで、娘のアトピーの経過を綴っております。
前回の記事は2歳半から3歳半までのアトピー症状が出てステロイド治療をはじめた1年間の記録を書いています。
http://lightnesstree.blogspot.jp/2015/02/2.html
http://lightnesstree.blogspot.jp/2015/02/23.html

今回は、2014年、年明けから2月末までの症状を書いていこうと思います。いよいよこの年の5月から脱ステロイド、脱プロトピックを始め、完全に自然治療を試みます。

1月 
◆元旦から沖縄旅行
前の年の12月に入り、2年ほど前から抱いていた願望、 沖縄移住が旦那との間で話が進み、下見を兼ねて元旦から沖縄本島をまわることになりました。
私自身は3度目の沖縄本島訪問で、9年ぶりになります。旦那は初上陸。
沖縄には深い想いがありまして、私にとっては故郷を感じる場所でもあります。しかしながら9年ぶりの沖縄は大都会になっていまして、9年前には観光関係が入っていなかった斎場御嶽も綺麗に整備されて、入場料までとっていることに驚きでした。私が以前訪れた時には人は誰もいない神域を感じさせる場所でしたが、現在は、長年通って祈祷をしてきたおばあも入場料を払わないと入れないのだと、沖縄に移住してきた方から聞きました。なんとも複雑な心境でした。
それから、久高島にも渡りました。クボー御嶽の前まで来て挨拶をして(神域なので中には入れません)、帰ろうとした時に突如足が止まり、再びクボー御嶽の入り口を見つめ、号泣。なぜ、泣くのかも分からず、泣いてました。しばらくして、スッキリして宿泊所へ戻りました。涙によって何かをおろしたのでしょうか、私にとってはそういう場所なのだと改めて感じました。


斎場御嶽
久高島 クボー御嶽
娘にとって沖縄は肌に合う土地なのだろうかということを確かめに行く旅でもありました。
沖縄滞在中は肌にも潤いがあり、薬も少量で済みました。ただ、思ったよりも本島が都会だったことが気にかかり、今住んでいる土地よりも都会に行くのはどうなのだろうかと、旦那と話をしました。
また、石屋を続けていくのに仕入れ先である東京との距離も気になる点でした。和歌山に帰って来てからも、沖縄移住については話しあっても結論が出ず、引き続き検討していくことになりました。

1月幼稚園が始まり、給食も引き続き除去食でお願いしていました。なんとなくという、また母の感覚なのですが、日によって夕方幼稚園から帰ってくると胃の調子がおかしい様な臭いを感じていました。そういう日は翌日大変肌が荒れるということに気が付きました。何を食べた日?と調べてみると、フルーツ缶詰。白桃やみかんやパイナップルの缶詰の日なのです。おそらく砂糖が原因なのではないかと思いました。それから、油についても気になりました。揚げ物、炒め物、スープにも動物性たんぱく質でなくても植物性の油をたくさん使用するようなメニューの日は胃が荒れている様子。旦那と相談して、一度幼稚園に相談してみようと思いました。
栄養士さんとやりとりをして、娘の除去食にさらにフルーツ缶詰除去、白砂糖除去、油分控えめの項目を加えてもらいました。

【症状】全身乾燥した皮膚炎、手の甲に赤い湿疹
【対応】皮膚炎が酷い部分にプロトニゾロン テラコートリル。カサカサした乾燥肌部分スキンケア。
【食事】幼稚園給食から精製糖類除去
×:卵、肉、牛乳(チーズ/ヨーグルト)、油分、玄米、白砂糖、豆乳、
  菓子(揚げ物/チョコレート)フルーツ缶詰
○:白米、小麦、野菜、魚肉、味噌、納豆、ぬか漬け、おやつはドライフルーツや果物、焼き煎餅


2月 
◆ツーソン仕入れ・セドナ旅行
1年前から楽しみにしていた、ツーソンミネラルショー、セドナ旅行に行きます。
当初は一人で行く予定だったのですが、仕入れた石を持ち帰ることなど考えて、旦那も同行することになり、初の海外への家族旅行となります。
ツーソン滞在・仕入れに関しての記録はこちらにまとめています。
【2014ツーソン】旅の記録01 サンフランシスコ~ツーソン
【2014ツーソン】旅の記録02 ツーソン・ミネラルショー初日
【2014ツーソン】旅の記録03 ツーソン・ミネラルショー2日目
【2014ツーソン】旅の記録04 ツーソン・ミネラルショー3日目
【2014ツーソン】旅の記録05 ツーソン・ミネラルショー4日目
ツーソン滞在中は旦那に娘を任せ、私は4日間仕入れに専念します。
その間にホテルで風邪がはやり、娘は熱を出します。食べるものもアメリカンメニューなのでほぼ肉食。日本から持ってきたシリアル&ドライフルーツのミューズリー、乗り継ぎのサンスランシスコで買っておいたパンなどが救いでしたが、風邪をひいたとなると、なんとも頼りない。ツーソンではレンタカーを持たなかったので、近くのファミリーレストランに行くしか選択肢がありませんでした。娘には辛い環境だったと思います。

【症状】全身乾燥した皮膚炎 手の甲に赤い湿疹、ツーソン滞在中に風邪、鼻水、熱
【対応】皮膚炎が酷い部分にプロトニゾロン テラコートリル使用(夜のみ)、朝シャワー後スキンケア、夜シャワー後スキンケア、薬使用

セドナについてからは娘は風邪から回復して元気になりました。と今度は私が発熱。しかし一日で熱もひいて翌日から楽しい家族旅行となりました。
私事では、セドナでリーディングを受け、翌日に行ったグランドキャニオンから帰り道で不思議体験をします。それがきっかけでこの年の方向性がかなり変わることになったと後から振り返っておもいます。沖縄移住をしなかったのもこの体験があったからなのかもしれないとふと思う時があります。このことについてはまた別の記事で書きます。




帰国後、娘は疲れのせいか、食事が悪かったせいか、皮膚が悪化します。
普段使っているステロイドがきれたため、地元の皮膚科を受診。同じ薬を出してもらうように言いますが、新薬がある、ステロイドではない、と言われて、不甲斐なくも使用することにしてしまいます。
その名も、【プロトピック軟膏】。どういう薬なのかはまた次の記事で書いていきます。
そしてこの薬の使用2ヶ月後、脱プロトピック、脱ステロイドが始まります。

LIGHTNESSTREE
http://lightnesstree.shop-pro.jp/

FACEBOOK
https://www.facebook.com/LightnessTree2012

ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加してます クリックお願いいたします(´゚v゚`)ノ